成年後見制度の概要

 介護保険が改正された平成12年4月、同時に民法が改正され、従来の禁治産制度が改められて、成年後見制度が定められました。認知症や知的障がい・精神障がい等により判断能力が不十分な方が、人間としての尊厳を保ちながら安心して暮らせるように、その方の権利を擁護し支援していく制度が成年後見制度です。ご本人の法定代理人が成年後見人等となり、本人の財産管理や身上に配慮を行います。


 成年後見制度は、大きく分けて二つあります。一つは、裁判所に申立てを行う法定後見制度で、もうひとつは、公正証書で契約を行なう任意後見制度です。


<法定後見制度>

 法定後見制度には、本人の判断能力の状態に応じ、3つの段階があります。

◇補助類型: 判断能力が不十分  →  補助人が担当

例えば、自分の事はある程度出来て生活しているが、判断能力が少し衰えていて、何かの時に補助してくれる人が必要な場合。

◇保佐類型: 判断能力が特に不十分 → 保佐人が担当

例えば、自分は判断する能力がかなり衰えており、契約の時に代わりに判断してくれる人が必要な場合。

◇後見類型: 判断能力が全くない → 成年後見人

自分には判断する能力がないので、代わりに判断してくれる人が必要な場合。


<任意後見制度>

 
任意後見制度とは、今は元気で、自分で判断しているが、将来の事が何かと心配になる方の制度です。

 
任意後見契約は、公正証書により契約締結します。
 
任意後見人を決め、契約で定められた財産管理や療養看護に関する法律行為を任意後見人が代わりに行います。

 

権利擁護センター「ぱあとなあ群馬」のご案内

 福祉サービスは、今や契約により利用する時代です。
 
認知症や知的障がい・精神障がいなどのために、自ら適切な判断をすることが困難な方の場合、自らの権利を擁護しながら、福祉サービスなどの契約を結ぶことができないおそれがあります。

 
このような不安にお応えし、支援するのが、群馬県社会福祉士会の中に設置された「ぱあとなあ群馬」です。

 
ご本人が安心して暮らせるように、社会福祉士の専門スキルである相談援助技術を生かし、ご本人に寄り添い、声なき声を受け止めて、ご本人の自己決定を支援します。



“「ぱあとなあ群馬」は あなたの生活をサポートします。”



ぱあとなあ群馬の連絡先

電話:027-212-8388
 FAX:027-212-7260

〒371-0843 
群馬県前橋市新前橋町13-12 群馬県社会福祉総合センター7階

一般社団法人群馬県社会福祉士会 事務局

 
お問い合わせ |  サイトマップ 
一般社団法人 群馬県社会福祉士会
〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町13-12 群馬県社会福祉総合センター7階 電話:027-212-8388 FAX:027-212-7260
Copyright(C) 2012-2014 GUNMA CSW. All RightsReserved.